まだ株で消耗してるの?? 元専業トレーダーのブログ

株からビットコイン、日経先物から為替FX、日常まで!  正社員で働かず生きていく!!

9月 専業トレーダー一旦お休み

9月からは専業トレーダーは止めて、知人の建設系の仕事を不定期でしております。

それでも もちろん投資は続けます。

 

イメージ的には最低限の生活費は仕事で稼ぎ、他はトレードで稼いでいこうというイメージで考えております。

仕事をやっていて思ったことは、仕事でお金持ちになることは、トレードでお金持ちになるより、はるかに難しく、例えお金持ちに近づけたとしても、時間の確保ができなくなると感じました。

 

今週は仕事を5日朝から晩までしましたが、そうすると投資、トレードに充てる時間がなくなり、トレードでの収益確保ができなくなるとも感じました。

仕事とトレードの時間のバランスが大事です。

そのバランスを取るためには、まず自分が仕事でどれだけ稼がなくてはならないのか??ということを明確にしなくてはなりません。

 

今現在は、仕事を始めたばかりで仕事ができないので、とにかく場数を踏むという意味で、トレードより仕事を重視しますが、落ち着いてきたら トレードと仕事のバランスも考えて動いていきたいと思います。

日経平均75日線200日線

本日の日経平均は20649円 +24円。

 

f:id:kingstarex:20190904221949p:plain

チャートは日経平均の75.200日線です。

現在75.200日線下にあります。

75.200日線はデットクロスの関係にあります。

 

75日線 21082円

200日線 21236円

75.200日線ともに下を向いています。

 

自分の買いの条件は最低75日線の上に出てからなので基本的には買いません。

 

もっと欲を言えば200日線が上を向いてからです。

200日線を上に抜くことは結構でいることなのですが継続的に200日線が上を向くというのは一度向きが変わってしますとなかなかできません。

 

200日線の向きが変わるチャンスは 10月頃にありそうですがどうなるでしょうか。

 

TOPIXなんかは200日線の向きが変わるチャンスが当分ないように見えてしまいます。

 

BTCの動き

やはり BTCFXのレバレッジ規制がかかってからBTCFXの動きは変わったと思う。

気が付くのが遅いかもしれないけど。

頭ではわかっているのに 以前の手法をやってしまったりします。

一番わかりやすいのは 「ヒゲキャッチ」効かなくなったこと。

これです。

逆に考えるとヒゲキャッチを狙わなければ負けを防ぐことができます。

 

道中のヒゲが減ったこと

これによってスキャルピングができなくなります。

 

今気が付いているのはこの辺りです。

7/28  日経平均 

 

f:id:kingstarex:20190728222610p:plain

日経225

日経平均の金曜日の終値21658円。

先日の急落時は21000円割れまで下落しました。

そして金曜の終値が21658円。

長めの時間軸で見ますと

21000円割れは 200日の38%ライン。

21700円近辺は 200日の50%ライン。

こう見てみるとテクニカルに反応しているのが分かります。

自分は21000円付近では テクニカルポイントがあると思い注意深く見ておりました。

21000円付近で反発するのか 21000円のテクニカルポイントを割り込み投げが発生するのかなどと考えておりました。

 

終わってみれば21000円近辺が安値になり大きく戻しました。

今年に入り21700円と21000円はかなり意識された水準です。

21000円付近では買われる 21700円付近では売られる。

さて今後はどうなるでしょうか?

 

今現在の日経平均一目均衡表では 転換線 基準線の上 雲の上となっています。 

200日線 21500円の上

60日線 21320円の上 

 

こう見ると下がりにくい気がします。

 

しかし移動平均線の向きでは 200.75日線ともに下向き。

 

200日線の向きが変わるのはこの感じだと10月以降でしょうか。

200日線が上向きに変わるまでは調整中と見ます。

今は アベノミクス後2回目の調整中です。

 

売買スタンスは押し目買いスタンス。

 

 

 

 

 

日経平均 長期の分析

f:id:kingstarex:20190704194130p:plain

7/4 nikkei

日経平均は 21702円

 

200本のフィボナッチ21698円のわずかに上です。

6/3安値から24日が経過しております。

ここまで5波動で上昇。

上昇波動も 25日前後で終わることが多いですがどうなるでしょうか。

すくなくとも自分はここからは買いたくないですね。

 

移動平均線で言うと

200日線が21615円

75日線が21425円

 

75.200日線ともに上抜いています。

 

ただ移動平均線の向きでいうと200日線は下向き 75日線は上向き

200日移動平均線から見ると向きが上向きに変わるのは秋以降ではないかと思います。

 

200日線の向きですがアベノミクス以降

下向きに変わったのは2回です。

 

2016年1月から11月

2018年12月から現在。

 

2016年から続いた調整はトランプ大統領の登場によって解消されました。

今回の2018年12月から続く調整は時間の経過で解消されるのか、それとも何か材料が出て解消されるのか。

 

 

 

 

 

負ける人は負ける 勝つ人は勝つ

いつも悩んでいる人は、脳の中に「悩みのパターンニューロン」が確立されていて、悩む対象がなくなると自ら悩み事を探すという理不尽な行為をしてしまうという。

つまり、ある悩みがありそれが解決してもまた悩みが出てくる。

 

それは無意識の中に、そういう思考回路ができているからであるという。

 

これと同じようなことがトレードの世界でもあると思う。

負ける人は負け続ける。

勝つ人は勝ち続ける。

 

負ける人は負けるパターン回路ができている。

勝つ人は勝つパターン回路ができている。

 

負ける原因が逆張りであれば 逆張りをするパターン回路、飛びつき買いの高値掴みであれば 高値掴みパターン回路。

分かっていてもやってしまう。

それはなぜか 無意識の中にそのパターンが形成されているからだ。

 

それを解決する第一歩は何だろうか??

 

まずそれに気が付くことであると思う。

 

自分のダメなパターン回路を上げるとすれば

 

逆張りパターン

・上昇に対する逆張りパターン(負け頻度多め)

・下落に対する逆張りパターン(頻度中程度)

 

利食いパターン

・利益が乗ったら早く利食いをしてしまう。(頻度多め)

 

その他

・利益が乗っているポジは減る(利食いで)

・損失の出ているポジは増える(ナンピで)

 

 

1番の逆張りに対するパターンでは

・下落に対する逆張りは少ないが、上昇に対する逆張りは多い。

 

 

本日は自分の負けのパターンニューロンについて客観視をしてみた。

次は、それに対する対処法やなぜそうなるか?じゃあどうすればいいか?を

考えてみたい。

 

ここ最近は、自分の心の中に気持ちを向けることが少なかったので ちょっとそれと向き合ってみたい。

 

6/25  BTCトレード

6/25 本日は+20.000円
今日は仕事終わってからのトレード。

f:id:kingstarex:20190625234142p:plain

6/25

 

 

 

 

6/21  +4.000円

6/22  -44.000円

6/23   -22.000円

6/24   +16.000円

 

 

 

ビットフライヤーのSFDが発動してから調子がおかしくなった。

まあ こんなの言い訳でそれに対応していかなくてはなりませんね。

 

具体的な負け方が買いだとSFDが取られるので 買いトレンドの時に売りの逆張りでやられるパターンが多発。

 

ダメだと思いつつもやってしまっている

 

 

プロ意識が足りてないな